石フェス!

 虎子石を作りました。
c0180752_16572631.jpg

 曽我物語は、江戸歌舞伎の流行に伴い、敵討ちというジャンルで広まりました。元になったお話しは、平安末期の出来事ですが、スポットが当たったのは江戸時代です。
 虎御前は、親の敵を討つために生きた曽我兄弟の兄の妾だったひとです。曽我十郎亡き後仏門に入りますが、その美しい人の、御守りだった虎子石を面白がってキャラクター化した浮世絵師がいました。
 歌川芳圓(うたがわよしかず)です。彼の描いた虎子石が、いま太田記念美術館のTwitter アイコンなっていて、何とも可愛らしいので布人形に仕立ててみました。

 虎子石の活躍は、十郎の仇である工藤祐経(くどうすけつね)が刺客を差し向けた際、十郎の身代わりとなり、刺客の矢を防いだそうです。石なのに。や、石だからか。虎御前が、わたしと思って身に付け欲しいと託した石が、そのときは、曽我十郎を守ったのかもしれません。しかしながら、敵を討ち果たし後に、十郎は亡くなります。虎御前は、恋人の菩提を弔い、虎子石をずっと大事にしました。

 石フェス!に参加します。
総勢50組、わたしは、星が丘にあるソーイングギャラリーに出展しております。8月24日よりスタート!
[PR]
by madozukin | 2016-08-22 22:22 | お知らせ