ロシアのにわ +箱絵本

c0180752_2246544.jpg

 DMデザイン:モーネ工房・seiken工作所

 箱絵本を作ることになった発端は、わたしが、モーネ工房の箱市・袋市へ著しい勘違いを起して応募したからです。㎜と㎝を間違えて、とても小さいな箱に、小さな葛籠に詰めるように布人形とブローチを詰めたのでした。それを見て、モーネ工房の井上憲正さんが面白いと仰いました。こういうのをもっと見たいと。

 けれども、すぐには作れなくて、かなりもんもんとする一年とすこしを過ごしました。井上さんをお待たせすることにもなりました。作りたいけれども、たぐり寄せられないもどかしさ。

 ひとつは、わたしに貼り箱を作るノウハウがなかったこともありますし、箱であることによって広がる世界観が必要でした。これまで、布人形を立体額に入れたことはありましたが、なぜ今回箱にするのか。箱には額縁と違って蓋があります。

 さらに、もう一人登場人物が加わります。先月終わりました個展「空想原っぱ」を見に来てくれた友人が、「わたしが、カルトナージュをやってるの知ってる?」「箱絵本に興味がある」と言ってくれた辺りから、じわじわ何かが動き出しました。
c0180752_1538439.jpg

 布ブローチ:ハヤシマドカ 箱制作:久保ひろみ

 これはDM に載せた文章です。<ロシアのダーチャ=小屋(セカンドハウス)付菜園を思って、絵本の箱を作りました。気取りのない庭に、野菜や果物も花も一緒くたに植わっており、子どもやお年寄りが居るから、物語が欲よく育つ。そんな庭です。>

 ロシアのにわ +箱絵本 [ハヤシマドカ作品展]
 箱制作協力:久保ひろみ
 二条城近く、ギャラリー モーネンスコンピスにて、11月22日(火)~27日(日) 12時から18時(最終日は17時まで) http://www.maane-moon.com/

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by madozukin | 2016-10-28 02:49 | お知らせ