<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 話は、前回の「かまわれたい人々」から何となく続いています。

 個人である根拠とは何でしょう?だって、わたしたちは日本人ですもの(厳密には違います)、大体同じに慣れすぎています。大体同じでありたい故を以て、自民党が長期に渡り圧倒的に強い政党だったのです。余談ですが、その大前提をぶち壊したのは、現政権の民主党ではなく小泉元総理です。

 大体同じと言うことは、そんなに差がないと言うことで、差があったら抵抗なく妬めるということです。【悪口は、一人で言えば芸当にもなりますが、徒党を組むと安い情動の発散です。】

 そこで、まず、似ていないモノを探すと(差別の対象になりやすい)、貧乏と病気とトラウマと外国人であることが上がります(宗教の違いや多民族であることが前提になっていかない)。本人がどうしようもないことを根拠として、他人を貶めることに精を出す人の問題は、ここでは置いておきます。次に、それだけでは集団からの分離や隔離で終わるので、とても似ているけれども似ないことを探します。トラウマは、人と共有することの難しい極めて個人的な体験です。
 
 さて、トラウマを引き受けたい人はなかなかいません。なぜなら、トラウマは、人を孤独にするからです。漠然と親を恨みながら、親のように発散する対象を見つけ出して当たり散らす方が、心持ちでも安心です。安心したい欲望は、変化による希望をも凌駕します。
 でも、トラウマ話で注目されることは、個人であることとは違います。全然引き受けていないからです。それはそういうものです。声を出して、まだ未消化な自分を叫んでいる状態と言えましょう。

 というわけで、個人であることの根拠とは、引き受けがたいトラウマです。強引です。イエスは、いちばん最初に「わたしは、それを引き受けよう」と言った人ですね。個人の必須条件は、乗り越えなくてはならない不条理(トラウマ)に立ち向かえるだけの体力です。
やっとクリスマス・イブらしいお話しに。。


 個人でない人は、先日の読書の続きでいえば、かまわれる不自由を甘受して幸せを追求すればいいのです。かまわれない自由が、そんなに偉いわけではなく、生態系が違うのです。他人の生態系よりも、じぶんにとっての「幸せ」を知らない人は脆弱です。他人を羨んでいる内に人生は終わります。
[PR]
by madozukin | 2009-12-24 16:49 | コトバ
 寒くって手足が硬直してます。背骨は温かいです。湯たんぽもいいし、オーバーもいいけれど、自分自身がポカポカしていると一番心地よいことを発見しました。

 ただ今の読書は、森真一著「かまわれたい人々」です。先週ずいぶん延滞してしまった本をやっと返して、次は借りるつもりもなかったのに、図書館のトピックのところで目に入った本です。わたしには、草食系も肉食系もどうでもよかったのですが、「家畜系」に悩まされていたのでヒットでした。積極性を持たず、何となく控えめだが、何かの切欠で堰を切ったように権利の主張を始める人たちです。作者は、「してもらいたい主義」の人たちと言い換えられていましたが。。

 わたしの中にも「してらいたい」欲求はありますが、同時にじぶんの能力の範囲というのも理解しているので、相手を苦しめてまでは通せないと了解しています。

 家畜系は、おそらく昔から存在しました。ただ、その彼等は、飼い主に分を超えた権利を主張しません。家畜の身分ですから分相応なのです。

 しかし、豊かな時代の家畜系は違います。橋本治的に表記しますと、自我の境界なく、底が裂けています。そこは、本人が最も自覚したくないところで、しっかり強固に蓋がしてあります。どういう自己の有り様かと言いますと、現実の経験が抜け落ちていて(あっても削除してある)、理想の自分だけがある状態(何も手を着けていない)です。
 というわけで、この人は、じぶんの今の限界を理解しません。というわけで、相手が困っていても分かりません。自分の理想の環境実現が全てですが、そのための工夫と努力は案外簡単に放棄しています。譲歩の意味がわからないので、交渉と言うよりお強請りの有様です。発想のおおもとが、保護されつつ勝手にしていたいので、イタくて迷惑な上何がしたいのかもう一つ不明です。

 身分社会は大分前に終わったのですが(おしんの頃)、個人である根拠を引き受けないないまま世間を消して、理想高く育つとモンスター◎◎の完成です。
[PR]
by madozukin | 2009-12-21 18:43 | メモ
 可愛らしいピノキオ
 かれの鼻の
 なんと可愛らしいこと

 コオロギを踏んづけて
 おじいさんのことも忘れ果て
 遊びほうける

 愛すべきピノキオ
 騙されているとも知らず
 金貨の木を夢見る

 けれどもピノキオ
 未来は
 いつだってあんたのものだったさ
 
 仙女さまでも誰のものでもなく
 その輝かしいバラ色のほっぺたは
 迂闊にも今日を踏み出すのだ

 よくよく 未来とは そんなものではなかったか
 人の気持ちは いつだって 分かりはしない
 
 可愛らしいピノキオ
 得意そうなその鼻先に 
 人々はこころの底から嫉妬する 
[PR]
by madozukin | 2009-12-07 01:01 |