<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 JAMさん(大阪中崎町)で参加した封筒作りのワークショップ。切り分けるのが一番大変だったり。嬉しくて、メールにすれば良い返事を手紙にしました。

 先日描いた絵にふと思いついて色を付ける。不穏がすき。和やかが結構タイクツ。
c0180752_1741992.jpg

[PR]
by madozukin | 2010-05-26 17:06 | 制作日誌
 以前、友人達と作っていたフリーペーパーは、紆余曲折を経て終わってしまいました。作る集団であればいいと思っていたのだけど、人間ですから、余計な物を入れたくなることもあります。でも、それであっさりと終焉を迎えたのでした。

 置いておいて、カバイイちゃんは、その時連載していたまんがです。

 それよりもっと前に、えほん教室に通っていた頃、クラスはほとんど女の人ばかりでした。で、その人達とおつき合いしていく内に、彼女たちの自画像みたいなものがヒントになって、キャラクターたちが育っていった感じです。

 【わたしは、わたしを好きでありたい】欲望とは、なんて様々なんだろうと思いました。

 さて、明日からギャラリーポポタムで、お店のシンボルマークであるカバ展が始まります。http://www6.kiwi-us.com/~popotame/shop/
 作品の参加ではなく、物販として、カバイイちゃんも参加することになりました。ポストカード二種類とカバイイちゃんのブローチ四点です。よかったら、人の脳の中に棲むカバを見にお越し下さいませ。
5/19(水)→5/29(土) 12〜19時(最終日は〜17時) 日・月休み



 *画像のブローチは、ネガボジが反転しております。大きさは四センチ程度。
c0180752_1444533.jpg

[PR]
by madozukin | 2010-05-18 01:50 | 制作日誌
 Kang Tong Boy を聴いている。乱暴で勢いがあって野性に満ちている。音楽は、言葉によって限定されたくないときにはいい。

 知人のススメによって高橋源一郎のツィッターを読む。先生みたいだな。というか、高橋さんは、いま言葉を放流したい状態にあるのだろう。昨日とても夜更かししてしまったのは、それではなく、忌野清志郎の追悼番組を今更ながらYou Tubeで閲覧していたから。この人は、天然に見えて、自分と会話を続けてきた人だ。自分の声質について、一長一短だと言っていた。

 さて、その知人と、mixiの中で回顧と反芻と忘れ去ることについて話した。彼女は、残ることがそんなに良いこととは思えないという。でも、それは、悪い思い出ではないから回顧であろう。その時間に囚われずに踏み出したいという意味に感じ取れた。

 わたしは、じぶんの悪夢の離脱の方法を考えていて、彼女のサラリが出来にくいのである。良い思い出は、ありがとうとさようならを言いやすい。たぶん。今、思いつく最上の方法は、棚上げと不完全を許すこと。暗い部屋でもくもくと掃除を始めるようなイメージです。
[PR]
by madozukin | 2010-05-14 01:37 | メモ
c0180752_0162614.jpg

おばけちゃんです。
[PR]
by madozukin | 2010-05-10 00:17 | 制作日誌
 ちゅんちゅんと
 ごきげんもよろしく
 ウソつき鳥ときたら
 堂々嘘をつく

 ポッポー ポッポーと
 うららかに
 眠りを誘うように
 しゃんしゃん嘘をつく

 しんじつは
 ドーナツの中心にあるそうだが
 その中心部分に
 かんじんのドーナツはなく
 ドーナツのない中心部分は
 存在できない

 キョッキョッと
 別のウソつき鳥鳴きだして
 ぺらぺらと
 これは社交辞令ですと長すぎる前置きを始めた

 うそが
 何かの半分であるように
 真実もまた
 何かの半分かもしれない

 二つに分けられた
 ドーナッツは
 空間があふれだして
 絶妙のバランスを崩した
[PR]
by madozukin | 2010-05-09 01:21 |
 そうぞうは三歳から五歳ぐらいがいいよね。ゆらゆら帝国で考え中がお気に入りです。マンガの世界でほんとうはラクじゃないぜ。

 行ったり来たり。戻ってくるのがいちばん体力も使うし快感もあるけれどつらい。常識のある人が羨ましくなる。存在に疑問の起きようもない健全さとか。

 何というか、どっちつかずだな、自分。常識のある振りをしている胡散臭さがなんとも言えない。常識を莫迦にしている訳ではありません。常識のある気がしていた頃がなつかしい。。  
[PR]
by madozukin | 2010-05-07 15:50 | 制作日誌
 >やりたいことは、さっさと使い切って
  終わらせといたほうがいいんです。
  やりたいことを残しとくと
  タイムずれが起こっちゃうから。

 ほぼ日新聞の「訪問」、コズフィシュの巻より、祖父江慎さんの発言。006 なにもやりたくなくて、大丈夫の回です。これは、あくまでどう仕事に向かうかというお話しです。

 さて、うすうすは気付いていたけれど、ババアに言いはぐらかされて、いちばん困っている後遺症はこれだなぁ。時間の感覚が明らかに狂っていて、感情のチューニングがわたしのものではなく、自分のことをするのにどきどきしすぎてタイミングを逃します。しかし、悪気はありません。わたしも、これはネタなんだと思うことにします。

 人生を更生しようと考えると、怒りばかりが増すので、これを前提とする他ありますまい。いつもババアの機嫌を取らされていた、それは、全然面白くなかったということです。ババアは、ババアのことを一番に考えて欲しかった、そうすると満たされるから???という側面が大いにありました。

 そのことに関する否認も本人の問題。わたしとは関係なく、ババアのためのババアによるババアだけのファンタジーです。健気に見えるほうが、現実には愛されてなくても、愛される可能性が残されている気がしたというものでしょう。
 その見地から見ても、今話題の沢尻さんは、【どうでもいい人から愛されたいとは思わない】と啖呵を切られたも同然です。あのスカート丈は、女子高生の根性焼き的足出しであり決意表明です。幼すぎると揶揄する向きもありましょうが、そんなモノは、勢いで踏み出さずしてどうします。

 思い残して、恨みに酔いながら生きることはしない、と決めるだけでいいのです。
[PR]
by madozukin | 2010-05-02 03:23 | メモ