<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 北斎の肉筆画を見た時も思ったのだが、図録になることで、かえって生きるタイプの絵は存在する。

 古賀春江も、一枚一枚で見ると、なぜか気分が散じてしまうのだ。そして、この人はわりと早く亡くなっているので、中年以降がない。完成途中だったサーカスの景は、ふしぎな絵で、それまでに描いた4期に分類される、どの時期にも似ていない。もうすこしで見えそうだった予感が残り続ける。彼にだけ見えたもの。

 絵については、表されている内容ではなく、サイズがピンと来なかった。下絵やメモが展示されていて、作品と両方見比べられる展示の仕方の所為もあるのだろうが、大きさに混乱する。わたしにとって、ちょうどいい大きさが図録だったというわけ。

 なので、少々歯切れが悪い。

 >サイズは、絵の印象を変えると思った。大きくても、小さくても良いのだけど、ちょうどという分量みたいなもの。

 こちらは、ツイッターに書いた文章から引用。感想にもなっていない感想を書くと、もう少し大きかったり小さかったら、もっと好きになれたのにと思う。第一期の水彩や、第3期、クレーやミロの影響を受けた時期の絵は比較的安定している。それ故に、サーカスの景以降が気になってしかたない。
 
[PR]
 今日より始まりました。ブローチ二点、天満橋の時色さんでお待ちしてます。 
c0180752_15584840.jpg
c0180752_1559440.jpg

 11月17日(水)~11月28日(日)まで【月曜日と火曜日が定休日です】。
 時色は、川沿いのギャラリー兼図書室で、珈琲も飲めます。http://www.ac.auone-net.jp/~tokiiro/menu.html
[PR]
by madozukin | 2010-11-17 16:03 | お知らせ
c0180752_22211063.jpg

まんがの連載始めました。最初なのでカラー。不定期ですが、月に二・三本上げられるようにがんばります!

 それから、大阪・天満橋の「時色」さんで、甘い、甘いアート展というのに参加することになりました。ブローチ二点を出しています。期間は、11月17日(水)~11月28日(日)まで【月曜日と火曜日が定休日です】。時色は、川沿いのギャラリー兼図書室で、珈琲も飲めます。http://www.ac.auone-net.jp/~tokiiro/menu.html
 ゆったりと秋を深めに来てはいかがでしょうか。
[PR]
by madozukin | 2010-11-14 22:55 | マンガ
c0180752_11573.jpg

 掃除をして、掃除をして、ひとの絵本など読んで、家族旅行につき合ったりして過ごしていました。集中出来ない。しかし、そろそろまた集中モードに入り直すぞ。

 国境線の小島で、小さな小競り合いに盛り上がりすぎていますが、とても仕事ということを考えさせられます。仕事は回路なのだ。たぶん。菅さんは、正しいというより相応しい発電をしないので、漏電したのだな。菅さんは正しさに拘り過ぎて、小さな傷を大ごとにしているのに、それを捨てられない。そして、「延命は考えていない」って、平気で個人的意見を漏らす。こっちは、民主党党首として洩れてはいけないあたり。

 ああ、理想が悪いのではなく、理想に縋る態度が拙いと思いました。

 画像は、女の子のスカートが、ほんの一瞬傘に見えたのです。
[PR]
by madozukin | 2010-11-06 01:52 | 制作日誌