c0180752_193179.jpg

これは、去年、ウェブマガジン、アパートメントに載せたものの下書き原稿。下書きの方が、のびのびとしたいい線を出せているときもあります。ニュアンスとかね。
c0180752_15471035.jpg

年賀状です。ハンサムな羊を描きたくて描きました。七草がゆを回ってしまいましたが、本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by madozukin | 2015-01-08 03:23 | 制作日誌
 しんげつのよるに
 みんないるし
 みんないないのだった

 ふかい ふかい 底の見えない
 しんげつのよるに
 みんないるし
 みんないない
 
 しんげつのよる
 赤いちょうちんを一つともし
 とおくにいる
 あなたに振ってみせる

 すると
 はるかなとおく山際に
 白いちょうちんがひとつだけ
 上下に揺れる

 しんげるのよるに
 わたしの胸の奥から
 繭をやぶって飛び出した蛾が
 ひらひらと
 鼻先もみえない闇をよぎる

 届くかもしれない
 届かないかもしれない
 心もとない手紙二通

 しんげつのよるに
 あなたではないわたし
 わたしではないあなた

 すれちがって
 交わることなく
 あちらがわへとわたる
(こちらがわにやって来る)

 みんないるし
 みんないない
 ちょうどいま
[PR]
# by madozukin | 2014-12-22 23:01 |
c0180752_17044421.jpg

いちばん最初に旅立った縞ネコさん。次に行き先が決まったのは、プレゼントになる予定の定番のプックリーナ。プックリーナは、看板娘なのですが、形が変わっているからか、選ばれないことが多いのです。よかったー。3番目は、縁起を担いで、笑顔の明るい方に選んで貰えた目出タイです。
c0180752_17060810.jpg
そして、4番目は、星をつかむ男です。ブローチは、型紙を起こすのですが、その時はまだ星を握っていなかったので、仮に「いきだおれブローチ」と呼んでました。綿を詰め、着彩し刺繍をほどこす内に、何かを掴むべきな気がして、星をつかむ男になりました。そういうエピソードも気に入っていただき嬉しかったです。一人でちくちくちくちくやっていた時間が浄化される瞬間でもありました。ありがとうございます。この、ブローチの個性的な付け方は、ご本人からのリクエストです(わたしは全然思いつきませんでした)。とても格好いい!そのままご主人のライブコンサートへ向かわれました。
c0180752_12575056.jpg


さて、こちらも長屋でプラナカン展は、26日まで続きます。月曜日は、お店の定休日なのでご用心下さい。よろしくお願いいたします。
c0180752_1232494.jpg

c0180752_12322783.jpg

*DMのデザインは、漫才消しゴムハンコ家マシーミ(mashi-mi )さんです。本展示に、着物ブローチ、髪ゴム、ピンを出しています。DMの左端。
[PR]
# by madozukin | 2014-12-13 12:48