c0180752_23283073.jpg

 とっくに秋をすっ飛ばして冬ですが、これは夏の思い出、9月がいちばんままならなかった。悪い意味でじぶんに期待がありすぎたのかも。そんな気持ちは、この際置き去りにしましょー。このウサ坊は、次の絵にも入っているので、載せております。プラナカン展のために描かせていただきました。

 ☆プラナカンとは、15世紀から数世紀をかけて、中国の文化が、欧米列強統治下にあったマレー半島を中心とした地域へ渡って花開いたものです。中国の男性が、現地の女性と結婚し子どもを育て、陶器や食文化、伝統衣装の中のビーズや刺繍など、様々な影響を与えました。( 9月、mitta さんへたまたまお寄りした時、こんなすてきな文化があるんだよと一冊の本を見せて頂いたのがはじまりでした。)
c0180752_16115011.jpg

 
 「こちらも長屋でプラナカン」展へ出展します。カラフルでめでたいムードの手作りコサージュ、布ブローチ、着物リメイク服など。会期は、2014年12月9日(火)〜12月26日(金)まで。12月15(月)、22(月)休み。13時から20時。

 mitta さんは、JR代々木駅東口から徒歩3分にある、三軒長屋にある雑貨屋さんです。運がいいと、猫のダリア店長に会えることも。ブログはこちら→
 
 今回、わたしの 友人、なかもとみどりさんによる切り紙も、プラナカン展に色を添えて下さることになりました。一部分です。
c0180752_161767.jpg

 
 そして、nagaya shop mitta さんは、この度七周年を迎えられたそうで、本当におめでとうございます☆☆☆
[PR]
# by madozukin | 2014-11-17 17:42 | お知らせ
c0180752_15143817.jpg

 遅くなりましたが、個展「幼年時代」へお越し頂き、本当にありがとうございました。あの古いビルの五階で、布ブローチの台座を作りながら、どんなお客様が絵を楽しんで観て下さるのだろうと過ごした時間がもう夢のようです。眠り姫というメルヘンの中で、主人公の姫が年頃になって両親の留守中に高い塔の中を探検するのですが、そこで羽根車を回して糸を紡いでいる人の気分になれました。
 予定はないけど、もう次の個展のことをイメージしています。なんて幸せなことでしょう。

c0180752_14463274.jpg
 さて、ただ今第七回協同企画展おんさ「立体」で、北白川のBlack bird White bird にて「一角獣と乙女とりんご」を展示しています。布人形の作品です。乙女も一角獣もりんごも、ブランコも全部立体額の中に閉じ込めてあるので、此処では、その反対側(向き)お見せします。
 お日さまが当たると、太陽電池が作動してコロンコロン音が鳴り始める泉や、わざと傾いた台座に立つ水牛、ギャラリーの奥で愉快なメガネをかけて画像をツイッターに載せるもの、発想豊かな小さな美術館になりました。見上げたり、屈んだり、題名の意味するところを考えたり。お時間が許せば、ぜひ「おんさ」へお越し下さい。


c0180752_14463553.jpg
そして、今シーズンの新作として、涼やかなグッピーブローチを作って販売もしていますので、そちらもご覧下さいませ。くるみボタンのおまけ付きです。7月27日まで。22日のみクローズですのでご注意ください!
[PR]
# by madozukin | 2014-07-20 15:55 | お知らせ
c0180752_232335.jpg

タイヤキ インザ メリーゴーランド KYOTO 
グッピーよりもう少し作りやすいタイヤキはいかがですか?タイヤキでしたら、当日、直接申し込んで下さっても大丈夫です。
c0180752_2333482.jpg

ワークッショプに申し込んで下さったら方へのお土産、くるみボタンです。
[PR]
# by madozukin | 2014-06-27 23:19 | 制作日誌