詩人ワニ madozukin.exblog.jp

マンガと詩


by madozukin
プロフィールを見る
画像一覧

生まれいずる悩み

 有島武郎の本ではありません。悩みの持続時間というのを考えておりました。よく分かんないけれど、七八年なのだろうなと思いました。村上龍が、RYU`S BARで人の才能のピークの話をしていて、それ以上はどうして保たないのだろうと不思議がっていたからです。
 特殊なさいのうがある人も、そうでない人も、それなりに悩みがあるものです。だからこそ、じぶんで書かなくても、人の文章や絵や音楽にお金を払って共有します。

 悩むさいのうってあるんでしょうか。まぁ、ほとんどのことは十年もすればすっかり様変わりしますし、悩む種も尽きますし、ハイハイしていた赤子は小学校へ上がります。なので七八年説を取ります。大抵の人は、思春期か、すらすらと生きてこられた人も遅めの思春期を迎えますが、それ以上はあまり悩めません。一つのことを継続して頑張っていれば、それなりに成果もあって、ある程度他人から認めて貰えるじぶんになります。

 それを過ぎると、おそらく脳に相当負担なのでしょう。体力的にもきついから、病気になったり亡くなったり、ただの人に戻ったり。

 ああ、ホトトギスが鳴いています。物思いにふけるのはこのぐらいにしましょう。
c0180752_1532055.jpg

[PR]
by madozukin | 2009-05-30 01:55 | コトバ